プリン体の少ない食品一覧【プリン体の多い食品を控えよう!】

スポンサーリンク





痛風サプリメント満足度ランキング

白井田七

恵葉プレミアム

健康数値に気になる方へPN-0

 

 

 

有機玄米が使われており、薬とは違って自然の物なので副作用の心配もありません。毎日飲み続けるものですから、添加物や化学物質が含まれていないのは安心です。

 

⇒ 詳細はこちら

⇒ 公式HPはこちら

 

 

 

完全に治すことが前提であるならば、まずは1ヶ月分だけ単品で試して継続する事を決めたらまとめ買いで安く購入するのが賢い買い方ですね。 口コミでも評判がよく一番満足度が高い商品とのことです。

 

⇒ 詳細はこちら

⇒ 公式HPはこちら

 

 

 

一日たった160円程度で健康を維持できるなら、栄養ドリンクを飲むより安いのではないでしょうか。30日間の返金保証も付いてきますから、お試し感覚で購入できるのもおすすめの理由の一つです。

⇒ 詳細はこちら

 ⇒ 公式HPはこちら

▼これでビールも飲める?○○の秘訣とは・・・?▼

プリン体の少ない食品一覧【プリン体の多い食品を控えよう!】

プリン体の少ない食品一覧【プリン体の多い食品を控えよう!】

プリン体の少ない食品一覧(100gあたり50〜100mg)

 

蕎麦粉 76mg ホウレンソウ 51mg
カリフラワー 57mg 豆もやし 57mg
カイワレ大根 73mg ブロッコリー 70mg
マイタケ 99mg 乾燥小豆 78mg
赤味噌 64mg 豚肉(カタ) 81mg
豚肉(カタバラ) 91mg 豚肉(カタロース) 95mg
豚肉(バラ) 76mg 豚肉(ロース) 91mg
牛肉(カタバラ) 77mg 牛肉(カタロース) 90mg
牛肉(ブリスケ) 79mg 牛肉(リブロース) 74mg
牛肉(ヒレ) 98mg 牛肉(タン) 90mg
牛肉(第1胃) 84mg 羊肉(マトン) 96mg
羊肉(ラム) 94mg ボンレスハム 74mg
プレスハム 64mg レバーペースト 80mg
ベーコン 62mg ワカサギ 95mg
ウナギ 92mg ハタハタ 99mg
タラバガニ 100mg ツミレ 68mg
ボタンエビ 53mg ホタテ 77mg
タコワタ 80mg イカワタ 60mg
アンコウ(身生) 70mg さきいか 94mg

 


プリン体を多く含む食品は摂り方に注意!

プリン体の少ない食品一覧【プリン体の多い食品を控えよう!】

スポンサーリンク




 

プリン体をたくさん含む食べ物は極力食べないよう避けて、ときどき食べるぐらいにしておきましょう。
しかし、食品から身体に入ってくるプリン体はトータルでからみて20%とそこまでたくさんはないですので、必要以上に神経質にならなくても心配いりません。

 

また、100g当たりのプリン体ボリュームが多くても、1度に食べる分量がかすかな食べ物もあります。
プリン体の分量をチェックするときには、1食当たりどのくらい含まれるかチェックすると好ましいでしょう。

 

 

プリン体は非常に水に溶けやすい特徴を持っています。
したがって、肉類・魚類等は蒸したり、茹でることの熱することでプリン体を減少させる事が可能です。
しかし、プリン体は茹でたスープ等に溶け出している為、極力すべて飲み干さないように心掛けましょう。

 

豚骨や鶏ガラのポタージュ、かつお節や煮干し、干しシイタケのダシ、旨味成分イノシン酸などを含んだ調味料にもたくさんのプリン体が含まれていますので注意です。
大量に使わないよう細心の注意を心掛けましょう。

 

尿の酸性化は尿酸の結晶化を促します。
痛風や結石の予防の為にも、尿を尿酸が溶けやすいアルカリ性に保つ為海藻や生野菜などのアルカリ性ヘルシー食品を食べるようにするとこが有効ですのでぜひ意識して摂取するようにしてくださいね。

スポンサーリンク




 

プリン体の少ない食品一覧【プリン体の多い食品を控えよう!】

プリン体の少ない食品一覧(100gあたり50〜100mg)蕎麦粉76mgホウレンソウ51mgカリフラワー57mg豆もやし57mgカイワレ大根73mgブロッコリー...

≫続きを読む

プリン体の多い食べ物はコレ【しっかり把握して痛風を治そう!】

プリン体をたくさん含む食べ物は平常的なものでは、いわし、あじ、かつお、えびなどです。このそのほかに、あんきも、白子、レバーなどにもたくさん含まれています。これら...

≫続きを読む


▼これでビールも飲める?○○の秘訣とは・・・?▼



痛風サプリメント満足度ランキング

白井田七

恵葉プレミアム

健康数値に気になる方へPN-0

 

 

 

有機玄米が使われており、薬とは違って自然の物なので副作用の心配もありません。毎日飲み続けるものですから、添加物や化学物質が含まれていないのは安心です。

 

⇒ 詳細はこちら

⇒ 公式HPはこちら

 

 

 

完全に治すことが前提であるならば、まずは1ヶ月分だけ単品で試して継続する事を決めたらまとめ買いで安く購入するのが賢い買い方ですね。 口コミでも評判がよく一番満足度が高い商品とのことです。

 

⇒ 詳細はこちら

⇒ 公式HPはこちら

 

 

 

一日たった160円程度で健康を維持できるなら、栄養ドリンクを飲むより安いのではないでしょうか。30日間の返金保証も付いてきますから、お試し感覚で購入できるのもおすすめの理由の一つです。

⇒ 詳細はこちら

 ⇒ 公式HPはこちら